ねむの花

a0098027_16381654.jpg

ねむの花
めったに歌を歌わなかった母が私の幼い頃、私がぐずると決まって歌ってくれたのが、「ねむの花の子守唄」だった。 曲は今でも耳の奥に記憶しているのに、歌詞が思い出せない。
ネットで調べられないかとやってはみたが、断片的に覚えている私の記憶に当てはまる歌詞は出てこなかった。
母の背のぬくもりを思い出して・・・。

by hiroseyoko2000 | 2010-07-08 17:11 | つれづれ  

<< 梅雨の終盤 夏の味覚 >>