涼をもとめて・・・

連日の猛暑に窓も戸も開かずの扉となり、エアコンの独断場となった。
a0098027_14361943.jpg

花も息絶え絶えの暑さ、暫らくは自然のままにと・・・
何か涼しい演出はないものかと。
普段はケースの中でおつにすまし顔の「古伊万里のミニ水盤」を見つけ「メダカと子ガメ」を泳がせてみる。
見た目だけでも涼しいではないかと一人遊びに癒される。

     ***********************************************
「夏休み」  
一年振りに孫達が、”夏休みの宿題に書道があるよ”とお祖父ちゃんに声をかけてきた。
ところが、「ただ今、禁煙治療中」の主は、去年までの元気はどこへやら、すっかりショボンと頼りない。
「もう大丈夫」と言いながら、どこか憂鬱なのである
a0098027_156683.jpg

この皿、{古い伊万里}を眺めていると、師匠に四書五経を学んでいる童の姿を連想させる。


唐子と言えば、「故宮博物院」にある白磁で出来た「唐子の陶枕」縁あって一度見た事があるa0098027_15264347.jpg










a0098027_15283475.jpg
何とも言えない唐子の表情は今も忘れられない。
想い出に美術館でレプリカの香合を・・・

by hiroseyoko2000 | 2010-08-19 15:50 | 骨董  

<< 太田垣蓮月 終戦記念日が近づくと・・・ >>