震災も十日を過ぎて・・・

一瞬にして海辺の町々を廃墟と化した東日本大震災
大切な家も命さえも一瞬にして奪い去った。
ある学校の卒業式でのお礼の言葉「何もかも奪い取ったひどい地震と津波、それにしてもあまりにもむご過ぎます」と涙ながらに挨拶をしていた少年の姿を、見ていた私は思わず一緒に泣いてしまった。
a0098027_16563732.gif

世界中から暖かいプロの支援の手と物資が届き始めた 避難所の人々の冷静な行動に世界の注目が集まる。日本各地から集められた善意の品々も道が寸断され被災者の手に届かないもどかしさ、運びようにもガソリンが無い、道が通れないと様々な理由で被災者は多くの我慢をしいられた。
昨日はアメリカの空母、ロナルドレーガンも辺鄙な地へ空から物資を運んでくれる
人々の心が一つになった2011年3月を心に刻み新たな第一歩を刻みたいと思う。
福島原子力発電所・・一日も早く安全・安心をと願ってやみません。

by hiroseyoko2000 | 2011-03-23 17:36 | つれづれ | Comments(0)  

<< つれづれ 春分の日 >>