小さい旅 5

 新北市立黄金博物館
a0098027_17425967.jpg
かつては人々で賑わったこの街も鉱山の閉鎖後はすっかり静まり返り黄金の採掘をめぐる華やかな日々はゆっくりと歴史の一部となりつつあります
a0098027_15395828.jpg
a0098027_17571030.jpg

それでも今も街に残る長い石段があるいは曲がりくねった路地が賑やかな時代の思い出を私達に語りかけてきます。

a0098027_1815748.jpg
a0098027_1832060.jpg
a0098027_185562.jpg



山間に建つ
   カラフルな墓



a0098027_18104080.jpg





急な階段をのぼったり、下ったり・・・
迷子にならぬよう気をつけながら。

九分の今昔物語

九分は台湾北部の山間の町清の時代に金鉱が発見され日本統治時代最盛期を迎え隆盛期を極めた鉱山でしたが主要鉱物であった金と石炭の生産量は、その後減り続け1971年に閉山、街は衰退の道をたどります。90年代はノスタルジックな風景に見せられた若者が多く訪れ商店街は賑わいレトロ調の茶芸館やカフェなども増えていったのです。
映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われており細く長い石畳の道沿いに小さな建物が軒を連ねる素朴なこの村の風景が楽しめます。a0098027_18185113.jpg
a0098027_18211757.jpg
a0098027_18225813.jpg
細長い商店街が何処までも続く。
a0098027_18261949.jpg
a0098027_18294394.jpg
この様な茶館がいくつも
a0098027_18353872.jpg

a0098027_18383868.jpg

過去と現代が入り混じった不思議な空間に私は「千と千尋の物語」を思い出していました。

by hiroseyoko2000 | 2013-06-14 18:31 | つれづれ  

<< 小さい旅の終わりに  小さい旅 4 >>