重陽の節句


重陽の節句の起源は、ほかの節句と同様古来中国にさかのぼることができます。中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として節句のひとつとしてきたそうです。
a0098027_11125144.jpg
          五節句を描いた鉢(直径19センチ 九谷焼)
鉢の全体に五節句が描かれています(菊が描かれた(重陽の節句部分
a0098027_11211173.jpg

a0098027_11215732.jpg
       見込みには竜と宝珠らしき絵が描かれています

by hiroseyoko2000 | 2013-09-09 11:32 | Comments(5)  

Commented by モウコザクラ at 2013-09-11 14:51 x
>五節句を描いた鉢
季節にこだわらないで使えそうですね。
直径19センチ といえば中鉢?くらいでしょうか?
食卓が華やかになりそう。楽しませていただきました謝謝。
Commented by hiroseyoko2000 at 2013-09-11 16:38
モウコザクラさま
コメント有難う。
日本の四季に数々の行事が重なり、道具にまでこだわった先人達の暮らしが見えてきます。
盃に菊の花びらを浮かべ一献如何?と・・・。
Commented by ハマヒルガオ at 2013-09-11 23:36 x
私の故郷は九谷焼の産地です。周りには九谷焼の店は勿論、九谷焼の仕事をしている家が多いです。私の義母は九谷焼が好きで、生前私の所へ来るとお土産は必ず九谷焼を買って帰られました。九谷焼をみると私は故郷と義母を思い出します。
Commented by ハマヒルガオ(追伸) at 2013-09-11 23:45 x
あとの4節句の模様を見たいです
Commented by hiroseyoko2000 at 2013-09-12 11:37
ハマヒルガオさま
九谷焼にご縁のある方に見ていただけて
嬉しいです。今カメラのご機嫌が悪いので
少々お待ち下さいネ。

<< 重陽の節句その2 白露過ぎて >>