重陽の節句


重陽の節句の起源は、ほかの節句と同様古来中国にさかのぼることができます。中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として節句のひとつとしてきたそうです。
a0098027_11125144.jpg
          五節句を描いた鉢(直径19センチ 九谷焼)
鉢の全体に五節句が描かれています(菊が描かれた(重陽の節句部分
a0098027_11211173.jpg

a0098027_11215732.jpg
       見込みには竜と宝珠らしき絵が描かれています

by hiroseyoko2000 | 2013-09-09 11:32  

<< 重陽の節句その2 白露過ぎて >>