彼岸入り

朝晩の気温の変化に嬉しさと一抹の淋しさを感じながら閉めきった窓を方々開け秋の風を取り込んでみる。
暑さを言い訳に一日延ばしにしてきた宿題を始めましょう・・・とスケジュールを立てることにした(チョッと大げさかな・・)この歳になると欲張らず淡々とやるしかないと始めた「私の終活」
a0098027_1635157.jpg

リタイアした今がチャンスと見廻すと時間とともに忘れられ見向かれなくなったものの多いことに気づく。巣立って久しい子等の思い出の品もまだ納戸に居座っている、何とかしなければ・・・。アルバムには絶対手を触れないことにしょう 寄り道をし始めると脱線して目的地へとどかないから。a0098027_2132926.jpg

by hiroseyoko2000 | 2013-09-21 17:20 | つれづれ  

<< 彼岸二日目 中秋の名月 ② >>