天馬と馬上杯

ブログの「天馬」から馬上杯へと話が飛躍、マタマタ記憶をさかのぼる。

景徳鎮への旅で私達は今の姿に夢に描いていた歴史ロマンに水をさされた様な気分になった。
今も沢山の窯元が精力的に作品を作ってはいるが、贋物作りの多い事に驚く。
馬上杯
a0098027_21555880.jpg
     
a0098027_22051532.jpg
馬上杯 こうだい

レプリカなのに堂々とこのように描いている
店頭にソックリさんがズラリと並ぶと
もうお土産品のよう・・・。

*******************
(贋作について述べましたが、決してそうした店ばかりではないことを
付け加えます。)
歴史と伝統あるこの地の発展を心から祈りたい。




by hiroseyoko2000 | 2014-01-10 22:18 | Comments(4)  

Commented by 天牛庵 at 2014-01-11 12:14 x
私は景徳鎮に行ったことはありませんが、シルクロードのどこかで買った馬上杯をもっています、やはり製作年代が同じです、図柄は花です。
Commented by モウコザクラ at 2014-01-11 15:59 x
「馬上杯 」があることを初めて知りました。謝謝。
また珍しいお話をお聞かせください。❤
Commented by hiroseyoko2000 at 2014-01-11 17:07
天牛庵さま
このレプリカが海を渡り日本に上陸すると
時には心無い人達の手で汚され本物として
店頭に飾られ、言葉巧みに売られる・・・
それが怖いのです。
ある知人が本物よりよく出来ていると、
有名なチキンカップを褒めたことが、思い出されます。
Commented by hiroseyoko2000 at 2014-01-11 17:16
モウコザクラさま
私にとってこの形はおつまみ入れとしての
用途かな?

<< 初氷 駿馬 その 2 >>