1富士・2鷹・3なすび

<私が子供だった頃> 「1富士・2鷹・3なすび」 お正月によく聞いたこの言葉、子供心に意味が解らず不思議に思ったものだった。夢に賭ける人間の幸せ・・・・本当の幸せって何だろう?そう問いかけながら今年も暮れてゆく。
a0098027_1955524.jpg

蓋の内側に茄子の模様・富士山は山の形をした蓋をさしています
この中に「夢」が一杯ありそうな・・・。

by hiroseyoko2000 | 2007-12-20 18:50 | つれづれ | Comments(3)  

Commented by moukozakura at 2007-12-22 19:00 x
この器で何を頂いたのでしょうか?いにしえが偲ばれます。
漆器のお手入れは大変なのでしょう?
博物館のケースの中・本・でしか、見たことがありません(-_-;)
Commented by meiko at 2007-12-22 20:22 x
いいかたちですね。ほんと、夢がいっぱい入っているような!
1富士2鷹…はいつの夢かしら?元旦、それとも大晦日?
いつも考えてしまいます
Commented by ルビーより at 2007-12-24 14:19 x
漆器の手入れは誰でも大変だと言われますが今まで生き延びたと言うことは、丈夫に出来ているとも言えるのです。あくまでも道具の一つ、使う事を恐れては楽しまれません。是非使ってね (●^o^●

<< 黒豆 お餅つき >>