「子年」によせて

「子」
a0098027_15305936.jpg
は子供がぐんぐん伸びる姿を現す象形文字がルーツで、「成長」の想いが込められていると聞いています。大黒様のお使いとも言われる白い「子」、幸せを一杯運んでくれることを願いました。  朝日新聞《ひと》 「ネコを恐れないネズミを作った研究者夫妻」一月三日が目にとまりました。英科学誌ネイチャー《電子版》で昨年11月に紹介されるとアメリカ・ドイツ・中国など世界各国から取材が殺到したそうです。今科学はここまで来ているのかと思うと、「夢」と「現実」の狭間でゆらいでいる私は「一体どちら?」と問われているようで、恐ろしい・・・。

by hiroseyoko2000 | 2008-01-04 15:36 | つれづれ | Comments(0)  

<< 初夢 子年へバトンタッチ >>