生涯学習

孫達が小学校へ入学以来、復習・予習に目を通してきた夫が、今年六年に進級予定の孫娘の算数を見て悩んでいた、このから教えきるだろうか?”愈々その時が来たか”と言わんばかりの顔なのです。夜遅くまで練習問題を作っては明日に備えていたはずなのに・・・・その夜は親子、孫まで三代の家族を巻き込んでの数学談義に夜が更けたのでした。
「お祖父ちゃんも、もう一度一緒に勉強したら?」息子の言葉に 「そうしよう・・・」
a0098027_16163495.jpg
妙に素直な傘寿を過ぎたおじいちゃんの姿がそこにはありました。008.gif008.gif

by hiroseyoko2000 | 2008-02-29 16:53 | つれづれ | Comments(4)  

Commented by moukozakura at 2008-02-29 21:04 x
素晴らしおじいちゃまに脱帽。
「五年生」のお勉強のお相手が出来るとは、すばらしいことです。
我が家の元教師の世帯主が目を丸くしていました。
お羨ましい限りです.(((((*^o^*)♪
Commented by ルビー at 2008-03-01 13:23 x
ハッハッハ!・・・おじいチャン肴にされた事も知らず?
Commented by meiko at 2008-03-02 07:37 x
算数楽しいですね。しかし小学高学年の文章題は数学とはちょっと違って難しいです、が必要な頭の体操でもあります
Commented by ルビー at 2008-03-03 13:54 x
この算数論議ですぐ頭に浮かんだのは、あなたの顔です。昨日又、新しい参考書の本が彼の手元に・・・誰から来たのかなあ~

<< ひな祭り はる >>