ざぼん

「ざぼん」と聞くと今は亡き母を思い出す。毎年この時期になると決まって母は分厚いざぼんの皮を砂糖で炊いた風味豊かなお菓子を作った。『今年はあくを抜きすぎた』とか『チョッとにがみが残ってオツナ味』とか言いながら、何時も同じ出来ではないこの手造り菓子に心を込めた。
a0098027_1549574.jpg

今年も亦その季節がやってきた。振り返ると私もその頃の母と同じ年頃に・・・・037.gif

by hiroseyoko2000 | 2008-11-04 15:59 | つれづれ | Comments(0)  

<< 秋深し 牡丹 別れの時 >>