お年玉(おじい様へ)

年明け早々孫達二人からおじいちゃんへのお年玉があった。
あの夏の暑い日、時には渋々書いた日もあった。毎年夏休みの課題に書道大会に出す書が一つある。小学一年生から書き始め上の孫娘は今年六年、最後の年となった。目標とした「特選」が取れるだろうか?・・・二つ年下の弟は最初から淡々としていた。
「始業式の日」お昼過ぎ最初に帰宅した孫娘が「お爺ちゃん、やったよ!!!」と勢い込んで帰宅する。それから間もなく弟が・・・・
「何賞だった?」、とお姉ちゃん やおら口を開いた弟は「特選だよ・・・」 うっそ~~~と姉は弟の顔を見た。
a0098027_1542295.jpg


      第76回全国書画展覧会
     (書写のワールドカップ大会)

     
      六年最後の作品となった 「夢」 




a0098027_15515694.jpg
  





     小学4年「光」 
 二人揃って「特選」に入った事にお爺ちゃんは大喜び「良かった良かったと手放しで喜んでいた。  




a0098027_16105035.jpg
最後にお爺ちゃんの書初めを一つ、記録に残しておきましょう

by hiroseyoko2000 | 2009-01-10 16:32 | つれづれ  

<< 初春 シクラメンの花 >>