木蓮

知らぬ間に、街路樹の白木蓮が満開となる。
a0098027_15403232.jpg


「梅についた苔」a0098027_15433136.jpg茶の湯の世界ではこの苔に「侘び錆」の世界を感じて古来多くの人々を魅了してきた。久方ぶりに植木屋さんと話す機会を得て初めてこの「苔」についての指南を・・・・今までは唯、美しいと思っていた苔も話を聞くと、木々にとってはマイナス点があることを聞かされ驚いた。木が弱ってきた時はこの「苔」を剥ぎ取るのだと言う。



庭の模様替えの折、植木屋さんに剪定された椿、「喰籠」に、ついの住家をもとめて。
a0098027_16291797.jpg

by hiroseyoko2000 | 2009-03-09 16:33 |  

<< ボケの花 別れ >>