つれづれ

a0098027_14363294.gif
a0098027_143720100.jpg

虫の音にヤット夏の暑さから開放された気がする。
虫をつかまえてきて虫籠に飼いその鳴き声を楽しむといった事を行うようになったのは平安時代になってからと読んだことがある。
平安時代の貴族達がめでた虫は鈴虫・松虫・きりぎりす(コオロギ)等だそう・・・
a0098027_15362198.jpg

a0098027_1557829.jpg
秋の夜長を平成の人々はどんな楽しみを?
ソット訊いてみたいもの・・・

by hiroseyoko2000 | 2009-09-18 15:57 | つれづれ | Comments(2)  

Commented by モウコザクラ at 2009-09-18 20:12 x
「虫の音」を何故聞いていないかと考えてみました。北国の建築様式のせいにしてみました。?密閉型の建物なので、すきま風が入らない代わりに音も入らない仕様になっているから・・・かな?
今年は努めて「虫のね」を聞くことに・・・(^_-)
Commented by hiroseyoko2000 at 2009-09-19 16:44
虫の音もその気になって聴いてみると決して一種類でないことに気づきます。幾種類もの虫たちが大合唱していますよ。時折、鳴き止んだりするので、一瞬ハッとします。

<< 秋祭り 秋の実り >>