火鉢

a0098027_16301892.jpg

                 ソロソロ火鉢のお出まし
木枯らしが吹き始めると、何故か火鉢を出したくなる。
最近は何処の家庭も暖房が行き届き、炭や練炭を探すのはとても大変、昔の風情を楽しみたいと思いはするが、それらのものが、無くても済む時代になってしまった現在、とても贅沢な遊びになってしまった。
いくつかある火鉢はインテリアとして使うか、お倉入り。活かされていない我が身をキット嘆いている事だろう。
  (火鉢の独り言) 
a0098027_16573156.gif

こんな楽しみもあったのに・・・a0098027_17343516.gifa0098027_17302321.jpg

by hiroseyoko2000 | 2009-11-16 17:37 | つれづれ | Comments(7)  

Commented by モウコザクラ at 2009-11-16 21:07 x
こんばんは。コメント謝謝。
引き揚げて青森にたどり着いた秋・12畳の部屋に火鉢が置いてありました。当時を思い出して懐かしく拝見しました。
何やらいわくのありそうな・・・
Commented by meiko at 2009-11-17 09:10 x
寄宿舎の箱火鉢を思い出しました。当番が木炭を配ったり。
あの頃は1部屋に暖房はそれだけ、
当時は不満もありませんでした。そういう時代があったのです。
Commented by hiroseyoko2000 at 2009-11-17 14:20
さくら様 
12畳のお部屋でしたら、キット大き目のナマコといわれた
火鉢でしょうか・・・火鉢に皆んなが集まって手をかざし
お喋りしましたね§^。^§
Commented by hiroseyoko2000 at 2009-11-17 14:34
meiko様 
寄宿舎、懐かしい言葉です。受験させてくれた親に今も感謝しています。育ち盛りが前後にいましたが、身体に資本をつけとくようにと・・・。朝食後、お昼のお弁当まで食べて、登校したあの頃が懐かしい。裏の「焼き芋屋」さんも空腹を満たしてくれましたね。
Commented by モウコザクラ at 2009-11-17 14:37 x
そうそうたしかナマコ?とか言っていました。
綿の入った半天?のようなのを着てとても寒かったのを覚えています。
Commented by hiroseyoko2000 at 2009-11-17 15:34
さくら様 
綿入りの半纏、和服地の銘仙で作ってもらいました。
昭和の時代はずっと来ましたよ。既製品で沢山出ました。
あれは、とても楽チンで・・・
ナマコ~中国から日本に沢山輸入されました。
どんなに沢山炭を焚いても割れたりはしないと聞いています
Commented by モウコザクラ at 2009-11-17 19:10 x
ナマコ火鉢でしょうか?それらしき?物が物置に・・・
後日画像をUPします。その時の物かは定かでありませんが・・・

<< 冬の足音 秋深し >>