つれづれ

a0098027_16321735.jpg

                 博多駅の夕暮れ

小春日和に恵まれた昨日、半年先の夏物の仕入れに出かけた。
「来夏物見本市」 展示会
1時間40分程で着く列車の旅は頭をリラックスさせるには丁度いい時間である。

車窓から眺める景色はもうすっかり一仕事終えた田んぼが何処までも続いていた。

12月8日 日本軍、真珠湾攻撃から68年、大人も子供も提灯行列で湧いたあの日。
最近沈黙を破って語り始められた新事実に驚くばかり・・・。
 「イ・サン」韓国、歴史上の名君だったとか・・
今、考えさせられる時の人では?


a0098027_1732535.jpg来年は「日韓併合100年」に当る。
雪解けを・・・と心から願って、日曜日には又また韓国映画にはまる。


もう一つ、「坂の上の雲」
 こちらも目が離せない

戦後北朝鮮から引き揚げてきた、今はなき叔母達の苦労を思い出しながら・・・・
五木寛之 「わが人生の歌がたり」(昭和の哀歌)を読み返す。


a0098027_17153425.jpg
                    これは第一部
                    第二部
                    第三部とある。

a0098027_17171141.jpg

by hiroseyoko2000 | 2009-12-09 17:30 | つれづれ | Comments(0)  

<< 来年のえと虎 大雪 >>