カテゴリ:骨董( 41 )

 

ウクライナガラス

a0098027_2121180.jpg

モウコザクラさま リクエストにお応えして私の拙いデジカメ画像をお送りいたします。
実物は玉虫色をした美しい姿なのですが、如何にせんこの程度にしか表現できません。
後はご想像にお任せ致します。
a0098027_2131433.jpg

        脚は三つ付いています  クジャクが羽を広げた姿と立ち姿
        今回は花を活けましたが、なにを入れても素敵です!!(^^)!
                   直径約30センチ
                   深さ15センチ

 

by hiroseyoko2000 | 2015-07-17 21:51 | 骨董 | Comments(2)  

秋本番

このところPCの入院ですっかり手持ち無沙汰だった日々が、今日で終わる。朝晩は半袖も少し寒くなった。愈々衣替え・・・。今月はカレンダーを見ると非日常のスケジュールがいくつもある、さぁ~頑張らねば・・・。
昨日Kさんから頂いた季節のおも菓子を開けると、思わずニンマリ!
a0098027_18292719.jpg

     頬寄せ合って、並べてみる。Kさん有難うa0098027_1835980.gif
a0098027_18375593.jpg

a0098027_1841597.jpg

by hiroseyoko2000 | 2013-10-04 18:42 | 骨董 | Comments(3)  

中秋の名月

a0098027_16423286.jpg
唐物 月見

a0098027_16445122.jpg


a0098027_16501982.jpg
a0098027_16512121.jpg










敬老の日に孫から届いた菓子













夜10時、空高く月は輝いて・・・。
a0098027_2243302.jpg

by hiroseyoko2000 | 2013-09-18 16:53 | 骨董 | Comments(3)  

秋到来

a0098027_083516.jpg

今年の猛暑が嘘のように朝晩の気温の変化に秋を感じる昨日今日。

a0098027_0152758.jpg



季節の移ろいにハッとさせられる
今年も後三分の一になってしまった。

中秋の名月
美しい月が見れます様に・・・・。


a0098027_0343277.gif

a0098027_10314659.jpg
                 058.gif山椒の実が赤く色づいて。

by hiroseyoko2000 | 2013-09-18 00:36 | 骨董 | Comments(2)  

つれづれ

a0098027_23304296.gif
一雨欲しい日々が続き庭の植木を眺めては、あたらぬ天気予報にため息をつく。
このままだと今年も又植え替えたばかりのつつじが数本枯れそう・・・水やリが苦ではない、私の天敵は小さくて黒い蚊、音も立てず、すばやく刺しては逃げるからたまらない。殺虫剤を手に身構えてホースを握ったが効き目はなかった。
          **********************************
お盆まで2週間をきった。ゴソゴソと納戸のチェック、何年もしまいっ放しのある品を探し始めた。
シルクロードを一度は訪ねたいと思っていた頃、偶然出合った唐加彩の馬
a0098027_0173731.jpg

a0098027_0192199.jpg
a0098027_0204336.jpg

シルクロードへの夢は「夢のまた夢か?」
a0098027_13412526.jpg
                      飛天
                    旅の途中で・・・017.gif

017.gif
a0098027_21164315.jpg

夢くう獏のひとり遊び037.gif

by hiroseyoko2000 | 2013-07-29 00:30 | 骨董 | Comments(4)  

オランダ絵伊万里

a0098027_1673127.jpg
かれこれ35年は経つであろうか?フラット立ち寄った骨董屋さんで見つけた一品、エキゾチックな絵柄に心が動いた。
a0098027_1614635.jpg
一度も目にしたことのない「らくだ」を想像の世界で描いたのであろう・・・。
a0098027_16222949.jpg
瓔珞紋様に囲まれた器の底にはキリン(骨董用語)が描かれている。
a0098027_16314065.jpg
a0098027_163412100.jpg
珍しいオランダ絵伊万里との出会いに心弾んだ頃を懐かしく思う

by hiroseyoko2000 | 2011-02-01 16:12 | 骨董 | Comments(0)  

アフタヌーンティー

午後のひと時
a0098027_16372645.jpg

アンテークカップ(日本製 舞妓カップ)でお茶は如何!!!
a0098027_1643309.jpg

カップの底を透かして見ると舞妓さんの顔が浮んで見えます

by hiroseyoko2000 | 2011-01-29 16:51 | 骨董 | Comments(4)  

ベロ藍の兎

a0098027_1611892.jpg

幕末から明治にかけてよく使われた顔料の一種ベロ藍で描かれた兎の絵皿
ベロ藍とは・・・1700年代ベルリンで偶然発見されたと言われ当時は安価な青い顔料は他に存在しなかった為これは陶磁器に彩色する為に広く使用されるようになったと伝えられる。
(ベルリン藍がベロ藍と言われるようなった由縁)
よく見るとお月様もチャンと描いてある、昔から深い繋がりが・・・
a0098027_16595422.jpg
               明治~大正  (銅製)
こちらのウサギさん   器に月を浮かべて風流を楽しんでいるのでしょうか・・・。

by hiroseyoko2000 | 2011-01-15 16:12 | 骨董 | Comments(4)  

晩秋の色

落ち葉散る
a0098027_1755818.jpg

  オールドノリタケ 1908年頃・明治41年ごろ (英国)
a0098027_17204132.jpg

ハラハラと散る落ち葉の風情に日本人の感性を感じて心和む。

by hiroseyoko2000 | 2010-11-24 17:19 | 骨董 | Comments(2)  

太田垣蓮月

『龍馬伝』で賑わいを見せている長崎、ドラマも後半に入ってこれから話はどう展開していくのであろう。
江戸から明治へ~血気盛んな若者達の話に、ハラハラ・ドキドキ。

a0098027_17114137.jpg
若き志士達と同じ時代を生きた太田垣蓮月尼の作品

蓮月・茶合

a0098027_17153280.jpg
女流歌人として・書家としても知られているが、陶芸でも・・・。                              同じ茶合の内側に竹の絵と寅女の銘
一説には、勤皇の志士達にも蔭で援助をしたとか?
a0098027_1745544.jpg

手びねりで焼かれた器、自作の和歌を刻んだ焼物
『蓮月焼』で評判を得る(文字に特徴がありひと目で分かる)

私の傍にあるのが不思議、時々眺めては遠い昔のロマンに浸るのです。

by hiroseyoko2000 | 2010-08-20 18:09 | 骨董 | Comments(0)