<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

子年へバトンタッチ

とうとう、あと一日となりました。何かし残した事があるような気がしてならないのです・・・が、何時ものことです。100パーセント出来なくても良いではないかと我が身に言い聞かせ残り時間を自分なりに・・・。今年一年、病に倒れる事も無く生きてこれた事に感謝して新年を迎えたいと願っています。「今年初めての経験、それはブログ」でした。ネットを始めて一年、優しい友人達に恵まれ、新しい世界が開けました。「老後に備えて」のスタートでしたが、未だに老人と思っていない自分にあきれています。
明日は恐らくPCに向う時間はない事でしょう。どうぞ明るい新年をお迎え下さい
来年は子年 どうぞよろしく!!!
a0098027_17355974.jpg

by hiroseyoko2000 | 2007-12-30 17:43 | つれづれ | Comments(3)  

初夢は何時見る夢のこと?

先日、「食籠」について書いた時、「初夢って何時見る夢」???とのコメントが数人からありました。 私自身も自信が無く、調べて見ました。 ありましたよ~皆さん (?_?) 「二日の夜見る夢」ですって・・・。 古来より日本では二日が事始めであり、*初荷*書初め*初売り*弾き始め・・・・すべて二日に行われました、、、、ですから、初夢も1月2日の夜に見る夢のことだそうですよ。

a0098027_17554583.jpg

by hiroseyoko2000 | 2007-12-26 17:59 | つれづれ | Comments(3)  

黒豆

黒豆への思い   幼い日、外地で育った私は日本で暮らす人々とほぼ同じ、しきたりの中で成長しました。それと言うのも日本租界
a0098027_16515468.jpg
の日本人の中で生活していたからだと思うのです。お正月の「黒豆」は毎年「おせち」の中にありました、けれど・・・あの頃の「黒豆」と今、私達が口にする黒豆は全く違う様な気がするのです。どこが???現在の黒豆はふっくらと柔らかで口当たりの良い食感、一方昔食べた黒豆は小粒で皮がシワシワ・・・私の記憶の中ではその硬さだけが心のどこかに 居座っているのです。この様な炊き方があったのでしょうか?一年振りに黒豆を炊きながら想いは半世紀前に・・・平成の「黒豆さん」今貴女は何を私達に訴えたいの???
  今年はお裾分けも出来ました  (^_-)-☆

by hiroseyoko2000 | 2007-12-25 17:05 | つれづれ | Comments(1)  

1富士・2鷹・3なすび

<私が子供だった頃> 「1富士・2鷹・3なすび」 お正月によく聞いたこの言葉、子供心に意味が解らず不思議に思ったものだった。夢に賭ける人間の幸せ・・・・本当の幸せって何だろう?そう問いかけながら今年も暮れてゆく。
a0098027_1955524.jpg

蓋の内側に茄子の模様・富士山は山の形をした蓋をさしています
この中に「夢」が一杯ありそうな・・・。

by hiroseyoko2000 | 2007-12-20 18:50 | つれづれ | Comments(3)  

お餅つき

昨日は孫達「子ども会のお餅つき」早朝から出かけて行った。場所は町内の公民館です。町内のお年寄りが、色々お手伝いをして下さったとか・・・お年寄りからはじめて聞く昔からの慣しやお餅の種類も、この子等にとっては新しい発見であったに違いない。美しい日本の伝統を又一つ勉強させてもらい、元気に帰って来ました。 (^^♪
a0098027_17314915.jpg


スーパーで何時でも買える時代になった今でも「お正月のお餅」は格別?なのです。

by hiroseyoko2000 | 2007-12-17 17:52 | つれづれ | Comments(3)  

正月事始め 

今年も残り二週間となる。さて、残された時間をどう割り振りしようかとアレコレ迷いながら、頭に浮かんだのが、この一皿である 毎年一年に一度必ず、お正月道具の一つとして使ってきた。生まれは有田の古伊万里
a0098027_1552293.jpg
 平成の世まで生きつづけたこの皿に温かみと時代のドラマを感じ「時」が止まってしまう。

by hiroseyoko2000 | 2007-12-13 15:56 | つれづれ | Comments(1)  

儒教

50年振りに高校時代の友人と会うことが出来ました。駅で会った二人に、その間の時間差などありません。「アラ、お久しぶり・・・」に、この前会ったかのような錯覚・・。昼食をはさんで、5時間、その後の50年の歴史物語は続きました。同じ時代を共に歩んだ「同志」は今も健在でした。話は盛り上がり、果ては「儒教」につながる教育論にまで・・・。愚かな戦争を知る最後の世代に生きた二人、再会を約して別れたのでした。
a0098027_1459714.jpg

by hiroseyoko2000 | 2007-12-12 14:59 | つれづれ | Comments(0)  

時間

12月も三分の一が過ぎようとしている。「そんなに急がないで・・・・」と独り呟きながら、師走の風に肩をすぼめ、足早に歩く。ウィンドウのマネキンはハレの日のために、アレコレと着てみせる。神様は今年も「を」
a0098027_17373634.jpg
止めてくれそうにないのです。

by hiroseyoko2000 | 2007-12-09 17:48 | カトレア | Comments(1)  

つわ蕗

つわ」と「」の違いを知りたくて、検索してみた。どの欄を見ても納得のいく答えが出ないのです。我が家の「」は葉っぱに斑入りの観賞用としても美しい{褒めすぎかな・・・}もう少し早く撮っておけばよかったと ひとり呟く (/_;)     

残念!斑入りの葉っぱが隠れてる・・・
a0098027_17322953.jpg

by hiroseyoko2000 | 2007-12-07 17:25 | | Comments(3)  

凍てつく 荒野

幼い日、凍てついた川面をスケートリンク代わりに遊んだ。冬の体育授業はもっぱらスケートの授業だったように記憶している、アァーあの[清河]の流れは今も同じであろうか?シルクロード最終編を見ていると懐かしい昔が次々と蘇える、
a0098027_16222325.jpg
熱いものが胸をよぎる師走のある日。               

by hiroseyoko2000 | 2007-12-05 16:27 | つれづれ | Comments(2)