<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

黒つばき咲く

        黒椿
a0098027_1724573.jpg

             寒かった冬にも耐え蕾を一杯に付けた
            一味変った椿に毎年期待が膨らむ。

a0098027_17235544.jpg

肥後椿  八重咲き

by hiroseyoko2000 | 2011-03-31 17:29 | つれづれ | Comments(2)  

桜に心引かれて・・・

隣町にはかなわないけれど、近くの公園に桜が咲いていると聞いたのが十日ほど前だった。
ヤット歩いてみたくなり、一人ぶらりと外へ・・・
a0098027_16495336.jpg
a0098027_16522040.jpg

寒い寒いと云っている間に季節はどんどん先へ・・・中にはもう葉桜になりかけているものも。
a0098027_16582845.jpg               
鳩たちも陽射しを楽しみながら~喉が渇いたのか時折水を求めて寄ってきた




a0098027_173043.jpg

a0098027_1755195.jpg
a0098027_1772636.jpg
a0098027_1710367.jpg
               震災の復興を心から祈って
a0098027_17123449.jpg
春休みを仲良しと何を語り合ったのか、楽しげな会話が聞こえそう。
a0098027_14504126.jpg

a0098027_1629752.jpg

by hiroseyoko2000 | 2011-03-30 17:12 | つれづれ | Comments(2)  

つれづれ

a0098027_1625682.jpg
何時までも続く花冷えに、もう一歩踏み出せないもどかしさ、震災にあわれた人々の心を思うとなんて不心得なとも考える。
a0098027_16512690.jpg

           肥後すみれ  可愛い花が開き始める

by hiroseyoko2000 | 2011-03-27 17:07 | つれづれ | Comments(0)  

椿 いろいろ

                      王冠
a0098027_1633046.jpg


a0098027_1635331.jpg
a0098027_16421019.jpg






玉之浦




今年は数年ぶりに沢山咲いて,白の覆輪が清楚に凛として元気一杯060.gif060.gifa0098027_16575131.jpg





青い珊瑚礁
a0098027_16464694.gif

by hiroseyoko2000 | 2011-03-24 16:43 | | Comments(0)  

つれづれ

a0098027_14573671.jpg
桜の便りも聞けるようになった。今日は中学校の終了式、重そうなリュックを背に帰ってきた、孫の荷物を抱えると自分が引きずられそうな重さ、いつの間にか主役が入れ替わったような~いゃ入れ替わったのだと思いながら後姿に遠い昔を重ね合わせてみる。
a0098027_15212567.jpg

十日ほど前名残の梅一輪に「来年も亦咲いてね」と撮った画像、その直後あの恐ろしい地震が報じられた

by hiroseyoko2000 | 2011-03-24 15:33 | つれづれ | Comments(0)  

震災も十日を過ぎて・・・

一瞬にして海辺の町々を廃墟と化した東日本大震災
大切な家も命さえも一瞬にして奪い去った。
ある学校の卒業式でのお礼の言葉「何もかも奪い取ったひどい地震と津波、それにしてもあまりにもむご過ぎます」と涙ながらに挨拶をしていた少年の姿を、見ていた私は思わず一緒に泣いてしまった。
a0098027_16563732.gif

世界中から暖かいプロの支援の手と物資が届き始めた 避難所の人々の冷静な行動に世界の注目が集まる。日本各地から集められた善意の品々も道が寸断され被災者の手に届かないもどかしさ、運びようにもガソリンが無い、道が通れないと様々な理由で被災者は多くの我慢をしいられた。
昨日はアメリカの空母、ロナルドレーガンも辺鄙な地へ空から物資を運んでくれる
人々の心が一つになった2011年3月を心に刻み新たな第一歩を刻みたいと思う。
福島原子力発電所・・一日も早く安全・安心をと願ってやみません。

by hiroseyoko2000 | 2011-03-23 17:36 | つれづれ | Comments(0)  

春分の日

あの恐ろしい東日本大震災から早や十日、津波と原発事故は人々の暮らしを一変させた。
人々の善意は途中で止まったままなかなか届かず「何故だ!」と言う思いにかられた。
a0098027_15211165.jpg

道路が整備され少しずつ品物も届くようになったと言うニュウースに胸を撫で下ろす。
まだ一部届かぬ場所もあると聞けば本当には喜べない、希望の持てる支援であって欲しいと心から願う毎日だった。          ***************************


震災に心を奪われているあいだにも自然は一歩一歩と変化していった。
a0098027_16272851.jpg

夕暮れ時、ふと気がつくと満開の木蓮の花が「明日では遅い・・・」と目に入ってきた。
「アァ~残念!」一番美しい時を逃がしてしまった。

春分の日、お墓参りを済ませる (ーー;)

by hiroseyoko2000 | 2011-03-21 16:40 | つれづれ | Comments(2)  

震災から一週間

あの日から一週間が経った。
思えば戦後こんなに人々の心が優しく一つになった事があっただろうか?
これほどの大きな自然の災害を誰が予測できたであろう。救援物資も現地へ届くようになった。

「フクシマ・フィフティ」彼らのことも忘れてはならないと思う。
a0098027_17461499.jpg

今日のニュース、佐世保に四家族受け入れというニュースにホットする。
これから始まる苦しい戦い、どうか元気を出して下さい、被災者の皆様。

by hiroseyoko2000 | 2011-03-18 17:49 | つれづれ | Comments(2)  

東北関東大震災

  「3・11」 東北関東大震災  
この日から数日間自然の猛威にはどうすることも出来なかった
人間の無力を悲しいと思った。
日をおって死者の数も増え各地に残した地震の爪あとに、
今こそ国民一人一人が自分に出来ることをしなければ・・・。
この国難を世界中が見つめている
試される大きな節目をみんなで立ち上がりたい。
a0098027_1659092.jpg
a0098027_1713588.jpg


あの寒い中、被災された方々の今を思う時
1日も早く暖かい部屋と食事・衣類が届きますようにと祈らずにはいられない。
頑張って下さい

by hiroseyoko2000 | 2011-03-18 17:15 | Comments(0)  

つれづれ

a0098027_16562522.gifa0098027_16465779.jpg







a0098027_164825.jpg
                           胡蝶侘びすけ赤

by hiroseyoko2000 | 2011-03-12 16:59 | つれづれ | Comments(0)